憧れの君と試合して

投稿日:

憧れの君と試合して

まるけ
試合開始が早くて3セット目しか見られなかったのですが、さらりと打たれてました。予想通りでしたが。いやぁ、さすがショウくん強いわ。あっというまだから、ちょっと姫ちゃん物足りない。

***

漫画作家:まるけ

まるけ会社員。京都市在住です。息子の日々の言動がおもしろいので記録していました。しかし急に老眼(!)がすすんできたので、あわててマンガを描くことにしました。なので絵では夫も私も若すぎる。すみません。我が家のとぼけた高校生息子の話で、ちょっと笑っていただけたら嬉しいです。
フォロー頂けると嬉しいです
 note.mu

こうちらもどうぞ

禁じ手
禁じ手

個人戦と異なり団体戦に出場するのは、かなりのプレッシャーがかかります。負けんようにせんならんっての、きっついわーと姫ちゃん。団体戦はみんなで力をあわして戦うもんね。

ダメ出し
ダメ出し

どうやったら部員が気持ちよく入るかを考えているなんて。アンタ、立派なビジネスマンになりますね。顧客視点で考えるのはビジネスの基本だ!

ホカク
ホカク

練習試合だから、できたら強いところとやりたいのは先生の熱い思い。強敵M高に練習試合申し込むには、やはりイツキくんの名前が必要。向こうも強いイツキくんと試合したいもんね。しかし姫ちゃんはよくイツキくんのワザ知ってるね・・。

-卓球部の話
-

Copyright© トラフグ姫ちゃん , 2019 All Rights Reserved.